【お悩み】カードローンが時効でなくなることってあるの?

Q. 借金は時効でなくなるっていうことを聞きました。いま、多重債務で苦しんでいるのですが、相手がいろいろ言ってきても、それを無視し続ければ、時効は成立するものなのでしょうか?それだったら、ストレスを感じながらも、なんとか頑張り続けて、時効を成立させたいと思うのですが。

A. あんたが苦しいってことはわかるけど、時効ってのはあんたみたいに借金を返せない人を救ってやろうっていう制度じゃないことをまず忘れないでほしい。世の中、そんなに甘くはないよ。

確かに借金も5年の消滅時効にかかる。じゃあ、時効ってどういう目的があるのかっていうと、債権者も債務者もお互い、お金の貸し借りのことを忘れてて、あるいは意に介しておらず、5年の間なんにもアクションを起こさなかった場合、突然5年を過ぎて、請求したりされたり、というのは法的な安定性を損なうから、それはだめだよ、という制度なわけよ。

だからさ、ふつうは借金の返済を求める側は督促状とかをあんたのところに送るよね。もう来たかもしれないし、これからかもしれないけど、それがあんたのところに来て、6か月以内に訴訟が起こされれば、時効は中断する、つまり、振り出しに戻ってしまうわけ。じゃあ、その督促状が届かないように引っ越せば良いって思うかもしれないけど、申し込みの際にあんたの住所や勤務先などは全部知られている。しかも住民票があるかぎり、かならず居所は知られる。じゃあ、住民票を抹消する?やってもいいけど、日本で生きている限り、そんなことするのは不便極まりないとおもうけどね。

あと、考えなくちゃいけないのは、もし時効消滅するように様々画策しても結局、無理だった場合、その時に支払うべき利息、遅延損害金がどれだけになっているか、っていうこと。考えるだけで恐ろしいよね。

ということで、時効消滅なんて非現実的なことを考えるよりかは、債務整理についてすこし考えたらどうかね?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン審査緩い 【質問】カードローンって審査が緩い会社はある?※おすすめ会社を紹介! All Rights Reserved.