【ご質問】カードローンの金利の計算方法

Q. 現在、大学生ですが、将来、社会人になったときのために、融資について勉強しておこうと思っています。身近な融資といえば、消費者金融やカードローンだと思いますが、カードローンの金利の計算方法についても知っておこうと思います。どなたか具体的に説明してくださらないでしょうか?

A. あんたみたいに積極的に自分で学ぼうとすることは立派だよね。俺は常々学生たちが社会に出る間に消費者金融とかカードローンについて学ぶことは絶対に必要だと思ってるんだよね。学生たちに何ら準備をさせずに、社会人にして、自己破産者や多重債務者を生み出すのは忍びないよね。

さて、金利だけど、2つの特性を知っていることが必要だ。一つは借り入れる額が大きくなればなるほど、金利は低くなる、という特性。よく、消費者金融や銀行のホームページとかを見ても、カードローンの金利には幅があるのがわかるよね。これはそのことを表している。

もう一つは金利は借入期間が長ければ長いほど、増えていくという特性だ。貯金をする際に運用期間が長ければ長いほど利息を得られるとのまったく逆の現象だね。さて、この2つの特性を踏まえて、すこし具体例をあげてみるか?

カードローンの金利の計算方法は、借入金額×実質年率÷365×返済日数ということになるから、例えば30万円を年率18パーセントで借り、30日で返す場合と半年で返す場合を比較してみるとする。自分で計算機をたたけばすぐわかることだけど、ひと月の場合の金利は4438円、半年の場合の金利は26,630円に膨らむんだな。

だから、この金利の計算からわかることは借金は少なく、そして早めの返すことが鉄則だ、ってことだね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローン審査緩い 【質問】カードローンって審査が緩い会社はある?※おすすめ会社を紹介! All Rights Reserved.